株式会社東亜酒造

この酒にはドラマがある「今日もおつかれさまでした」

所帯を持って25年。仕事に明け暮れる毎日。いつも疲れを癒してくれたのは、家庭の温もりとうまい酒だった。今日も今日とて繰り返される、いつもどおりのやさしいひと時。

TOPTOP > 東亜酒造の酒造りの心 > この酒にはドラマがある

疲れた心と体に、うまい酒がじんわり沁みていく

我が家のともしびは、女房の笑顔なのかもしれない。

家路はのんびり歩いて、その日の仕事を振り返ることにしている。
最寄り駅からの20分は、一人で考えにふける貴重な時間だ。
今日は、ある部下が大きな商談をまとめ、ある部下が失態を犯した。
悲喜こもごもな一日だった。

そんな複雑な思いも、我が家の玄関の灯りが見えるころには静まって、
ほっと一息ついて玄関の扉を開ける。

「おかえりなさい。今日は遅かったのね」
俺を迎える女房の笑顔。家に帰ってきたという実感が湧く。
それにしても、こいつは本当にいい顔で笑う。
器量は十人並みかもしれないが、この明るさが実にいい。
もちろん、そんなことを本人に言ったことはないが。

我が家のともしびは、女房の笑顔なのかもしれない。

一日の疲れを癒す玄関の灯りとうまい酒。

一日の疲れを癒す玄関の灯りとうまい酒。

今日一日を締めくくる、ささやかな贅沢。

溢れた湯とともに、今日一日の疲れが流れ落ちていく。
仕事終わりの熱い風呂は何よりのご馳走だ。
さっぱりして寝巻きに袖を通せば、いよいよ人心地つく。

そして、この後のお楽しみといえば晩酌と決まっている。
いささか自慢めいた話になってしまうが、うちの女房は料理が上手い。
金はかけずに手間暇かけて仕込まれた肴で一杯やるのが、
俺の日課でもあり、無上の楽しみでもある。

風呂あがりの心地よい火照りを感じながら居間に入ると、
座卓の上にはお気に入りの徳利とお猪口、品よく盛り付けられた色とりどりの刺身。
好物の鯛の昆布締めもあるじゃないか。
薬味に少し、穂じそが添えてあるってのもまたいい。

「今日はいい鯛が手に入ったからつくったの。〆は鯛茶漬けでどうぞ」

今日一日を締めくくる、ささやかな贅沢。

今日一日を締めくくる、ささやかな贅沢。

恋女房とうまい酒。幸せかみしめるいつもの時間。

「今日もおつかれさまでした」
つがれた酒を、まず一杯、ぐいっと飲み干す。
人肌くらいの絶妙の温め加減。いつもどおり、しみじみうまい。
やっぱりこの女はたいしたもんだねと惚れ直すのも毎日のことだ。

それから、おもむろに刺身の皿に箸をのばす。
まずは鯛の昆布締め。昆布の淡いうまみが白身によく馴染んでいる。
鼻に抜ける香りを楽しみながらすかさず杯を傾ければ、
その余韻はやさしく洗い流されていく。
小さく唸る俺。それをニコニコ顔で見つめる女房。
何十年もの間、毎日のように繰り返してきたくつろぎの時間。

幸せってこういうことなんだろうなと考えながら、もう一杯。
うん、明日も張り切っていけそうな気がしてきたな。

そっととなりに、うまい酒 東亜酒造の純米吟醸 晴菊

そっととなりに、うまい酒 東亜酒造の純米吟醸 晴菊

そっととなりに、うまい酒 東亜酒造の純米吟醸 晴菊

そっととなりに、うまい酒 東亜酒造の純米吟醸 晴菊

株式会社東亜酒造

当社所在地はこちら

〒348-0054 埼玉県羽生市西4丁目1−11

地図はこちら

お電話でのお問い合わせ

土・日・祝日、夏季・年末年始
弊社休業日を除く平日で受付しております

メールでのお問い合わせ

メールでのお問い合わせは
24時間受け付けております

お問い合わせ